映画『銀魂 THE FINAL』 ©空知英秋/劇場版銀魂製作委員会
フォトギャラリー映画動員ランキングトップ10を画像で見る
  • 『新感染半島 ファイナル・ステージ』
  • 『劇場版「美少女戦士セーラームーン Eternal」《前編》』
  • 『劇場版「美少女戦士セーラームーン Eternal」《前編》』
  • 『劇場版「美少女戦士セーラームーン Eternal」《前編》』
  • 『おとなの事情 スマホをのぞいたら』

全国映画動員ランキング発表!(1/9-1/10)

興行通信社が全国映画動員ランキングを発表しました。『鬼滅の刃』は公開13週目に入りついに順位に変動が。そのほか『銀魂 THE FINAL』『美少女戦士セーラームーン』などが新たにランクインしています。

10位『新感染半島 ファイナル・ステージ』

『新感染半島 ファイナル・ステージ』 Ⓒ2020 NEXT ENTERTAINMENT WORLD & REDPETER FILMS.All Rights

日本でもヒットした『新感染 ファイナル・エクスプレス』の4年後を描く続編は、先週7位から10位に。

人間を凶暴化させる謎のウイルスが蔓延したソウルを舞台に、ある任務を果たすために戻ってきた元兵士が、自分を救った母子と共に朝鮮半島から決死の脱出を図ります。監督は前作に引き続きヨン・サンホが務めます。主演はカン・ドンウォン。共演はイ・ジョンヒョン、キム・ドユンほか。

パンデミックが朝鮮半島で発生してから4年後。香港に逃げ延びていた元兵士ジョンソクは、大金が積まれたトラックを回収する任務を遂行するため、韓国へと戻る。チームを組み順調に任務を遂行するが、突如民兵に襲われ、ジョンソクはミンジョン母娘に救われ……

9位『劇場版 美少女戦士セーラームーン Eternal 前編』

『劇場版「美少女戦士セーラームーン Eternal」《前編》』 Ⓒ武内直子・PNP/劇場版「美少女戦士セーラームーンEternal」製作委員会

シリーズ25年ぶりとなる劇場版最新作『劇場版 美少女戦士セーラームーン Eternal 前編』は初登場9位に。

一世を風靡した武内直子の漫画を原作にした大人気アニメシリーズが前後編で登場。『美少女戦士セーラームーンCrystal』の第4期“デッド・ムーン編”にあたる内容が描かれます。

同シリーズ第3期の今千秋が引き続き監督を、原作の武内直子が監修を、『美少女戦士セーラームーンR』の只野和子がキャラクターデザインを務めます。

声の出演は三石琴乃、福圓美里、野島健児らに加え、ゲスト声優として渡辺直美、菜々緒が参加。

今世紀最大の皆既日食の夜、“ペガサス・エリオス”と出会ったうさぎとちびうさ。エリオスはゴールデンクリスタルの封印を解く選ばれし乙女を探すため、ちびうさに力を貸してほしいと言う。一方、街には謎のサーカス団、“デッド・ムーンサーカス”が現れ……

8位『おとなの事情 スマホをのぞいたら』

『おとなの事情 スマホをのぞいたら』 Ⓒ Sony Pictures Entertainment (Japan) Inc.

世界18ヵ国でリメイクされているイタリア発のコメディ映画の日本版『おとなの事情 スマホをのぞいたら』は初登場8位に。

“スマホの秘密を晒しあう”ことになった男女7人の修羅場を、東山紀之、常盤貴子、益岡徹、鈴木保奈美ら豪華キャストで描きます。

監督は光野道夫、脚本は岡田惠和が務めています。

それぞれ秘密を抱えた3組の夫婦とひとりの独身男性は、年に一度集まり友好を深めていた。彼らはある参加者の発言をきっかに、スマホに届くメールと電話を全員に公開するゲームを開始。皆が秘密を死守しようとするが、とんでもないメッセージが次々と届く。

7位『STAND BY ME ドラえもん2』

『STAND BY ME ドラえもん2』 ©Fujiko Pro / 2020 STAND BY ME Doraemon 2 Film Partners

公開8週目に入った『STAND BY ME ドラえもん2』は先週6位から7位に。

原作漫画でも名作として名高い“おばあちゃんのおもいで”をベースにオリジナル要素を加えて再構築し、さらに前作で描かれた、のび太としずかの結婚をめぐる物語の続きも描かれます。監督は前作に引き続き、山崎貴と八木竜一。

ある日、ドラえもんとのび太は、今は亡きおばあちゃんが繕ってくれたくまのぬいぐるみを見つける。のび太はおばあちゃんに会いたくなり、タイムマシンで過去に。そこでおばあちゃんに、のび太のお嫁さんを見たい、と言われたのび太とドラえもんは未来へ飛ぶ。

6位『約束のネバーランド』

『約束のネバーランド』 ©白井カイウ・出水ぽすか/集英社 ©2020 映画「約束のネバーランド」製作委員会

週刊少年ジャンプで連載された人気コミックスを実写化した“異色”脱獄ファンタジーは、先週5位から6位に。

今年6月まで週刊少年ジャンプに連載(原作:白井カイウ、作画:出水ぽすか)、2019年にはTVアニメが放映され、現在ハリウッドでの実写化企画も進行している話題作です。

浜辺美波が主役のエマを演じるほか、『万引き家族』の城桧吏、『仮面ライダージオウ』の板垣李光人、北川景子らが共演。監督は『記憶屋 あなたを忘れない』の平川雄一朗。

孤児院グレイス=フィールドハウスで暮らす子供たちは、母親代わりのイザベラの元、幸せな日々を過ごしていた。孤児のエマ、レイ、ノーマンも里親に引きとられる日を夢見ていた。そんなある日、エマとノーマンは孤児院に隠された秘密を知り……

「ぴあWEB」更新情報が受け取れます