(左から)平手友梨奈、岡田将生、志尊淳 撮影:稲澤朝博

累計発行部数130万部を超えるヤマシタトモコの人気コミックを実写化した『さんかく窓の外側は夜』に出演している岡田将生、志尊淳、平手友梨奈。岡田が31歳、志尊は25歳、そして平手が19歳とやや歳の離れた3人だが、作品の公式インスタなどでも度々仲の良い様子を見せ、ファンからは「兄妹のよう」という声も。

岡田と志尊は平手を「てち」と呼び、志尊は岡田を「まーくん」と呼ぶなど、何とも興味深い関係性を築いており、それぞれのコメントにすかさず相槌やツッコミが飛ぶなど、インタビュー中も心を許し合っている様がうかがえた。

フォトギャラリー「岡田将生×志尊淳×平手友梨奈」の画像をもっと見る
  • 映画『さんかく窓の外側は夜』
  • (左から)平手友梨奈、岡田将生、志尊淳
  • 『さんかく窓の外側は夜』
  • 映画『さんかく窓の外側は夜』
  • 映画『さんかく窓の外側は夜』

“心地の良い気持ち悪さ”を 出す側と受ける側の気持ち


ーー霊を祓える男・冷川(岡田)、霊が視える男・三角(志尊)、そしてヒロイン・ヒウラエリカ(平手)というそれぞれの役柄について、どういった部分を大事にして作り上げていったんでしょうか?

岡田 台本を読み、現場に入って思ったのは“心地の良い気持ち悪さ”を出したいなということ。それが僕が演じる冷川に直結しているなと思って。冷川のミステリアスで感情が欠落してしまっている線と連続殺人事件の線が、映画のクライマックスに向けて交錯するところを目指して、“良い気持ち悪さ”をどれくらい出せるかが大切だなと。

それを森ガキ侑大監督がすごく丁寧に撮ってくださいました。特に今回、淳くんがすごくバランスの部分を担ってくれていたので、僕は僕のペースで冷川という役に集中させてもらっていました。少し甘えながら、キャラクターと向かい合っていた感じでしたね。

岡田将生 撮影:稲澤朝博

ーー冷川は三角をどのように見ているんでしょうか?

岡田 もう冷川は三角のことが大好きですからね(笑)。“運命の出会い”なので。それをキレイにも気持ち悪くも見せたかったんですが(笑)、画にも出ているんじゃないかなと。今までそういう役柄もなかったので、すごく新鮮な気持ちでやらせてもらいました。

ーーバディの相手を振り回す側の役は楽しいですか?

岡田 (志尊を指しつつ)受け側の大変さをよく知っているんでね(笑)。バディって受けの方が大変なんですよ。(振り回す側が)好き勝手やって、それを受け止めて、丸く収めるのがどれだけ大変かを僕は20代でたくさん経験していて。淳くんが映画としての軸、みんなが好き勝手やれる土台を作ってくれているので、そこは本当に感謝してますね。

志尊淳 撮影:稲澤朝博

志尊 やっぱり三角という役は全体的に“受ける”ことが多くて、客観的に作品を見たときに“観客”の目線を持ち合わせている人物でもあったので、冷川が急に変なことを言ったのを、映画の世界観で受けちゃうと、観客を置いていってしまうことになるというバランスだったり……。

あとこの作品って、言葉が少ないんですよね。その中で、どうバディ感を出すか? ちょっと近づいているなという距離感をどう出すか? といったことはすごく自分の中でも考えて、目線や少ないセリフのぶつけ方、距離感などは試行錯誤しながら作っていったし、決まっていなかったことも、段取りを経て「この距離感だな」と感じることもありました。

やっぱりリアリティという意味で、観客の目線として受ける部分と三角として受ける部分でどう見せるか? 撮影に入る前はすごく悩んでいましたが、クランクインしてからは三角としてどう愚直に生きるかを意識していたので、監督にバランスを含め担っていただいていたなという感じですね。

ーー岡田さんの言う冷川の“良い気持ち悪さ”を受けて、いかがでしたか?

志尊 最初は三角としても「何? この人、気持ち悪い!」って受けていたんですけど、マイノリティとして生きてきた人間として、その孤独な思いを共有できるところに言葉じゃない安心感がありました。かつ、お互いの関係で媚びるものが何ひとつなく、それぞれ思ったままに動いて交わっていくというものだと思ったので、関係性の気持ち悪さはすごくあったけど、僕もこれまでリアリティのある作品でバディをやることが多かったので、不思議な感覚でした。「これでいいのかな……?」と思う瞬間もあったけど、「これでいいんだ」と言い聞かせてやっていました。

平手友梨奈 撮影:稲澤朝博

ーー平手さんは、ヒウラエリカに対し共感する部分もあったそうですね? どのように役を作っていったのでしょうか?

平手 私が演じた女の子は、映画の中で描かれているのと原作でちょっと違うので、そこをどうしたらいいのか?というのを監督と相談しましたし、監督からは「エリカの“孤独感”を常に出していきたい」と言われたので、常にそれを意識しながら撮影していました。

ーー難しかった部分や挑戦だった部分、この作品を通じて得たものなどはありましたか?

平手 うーん……まだ、自分の中ではっきりとは分からないです。

「ぴあWEB」更新情報が受け取れます