撮影/古川義高

1月14日よりAmazonプライムビデオにて配信中の『失恋めし』。原案となるのは木丸みさきさんによる同名漫画です。

主人公はフリーペーパーでエッセイ漫画「失恋めし」を連載する“キミマルミキ”。街で見つけた失恋と、失恋で傷ついた心を癒す「美味しいめし」の物語を描きます。その中でミキ自身もさまざまな人や食と出会い、漫画を描くことだけにとどまらないものを得ていくのです。

そんなキミマルミキを演じるのが広瀬アリスさんです。弾けるような笑顔、美味しそうに「めし」を頬張る様子は見ているだけで元気が出るよう。広瀬さんに、作品のこと、恋のこと、食について話していただきました。

フォトギャラリー【広瀬アリス】ドラマ『失恋めし』インタビュー写真をもっと見る

女性の心の動きを繊細にとらえたシーンが印象的

撮影/古川義高

――作品や原作を読まれたときの最初の印象をお聞かせください。

失恋ってネガティブなイメージではあると思うんですけど、原作も台本も悲しいよりも、どちらかというと心がちょっとほっこりするというか。

美味しいご飯を食べて「美味しい」と思って、「私大丈夫かも」とか「明日また頑張れるかな」とか、吹っ切れるまではいかないんですけど、自分の心にちょっとした活力を与えてくれる作品だなと、思いました。

――失恋について描く漫画家という役どころですが、役作りなどはされたのでしょうか。

監督の大九明子さんが女の子の心の流れをとても上手に繊細に描いてくださるので、すごく共感しながらお芝居していました。

――特に心に残っている共感したポイントはありますか?

すごく嬉しいことがあってワーッってはしゃぐけど、ふとしたときに悲しいことを思い出して一気に気持ちが下がるとか……そういう情緒が一気に変わる瞬間が女性にはあると思いますが、そんな気持ちの動きを長回しで全部撮影してくださったり。繊細に、そういうシーンを作ってくださっていました。

――食べるシーンも多い役どころですが、演じる際に意識されたことはありましたか?

監督に言われたのは、美味しく食べてくださいということだったので、どれも美味しくいただきました(笑)。本当に全部美味しかったんですけど、個人的には焼小籠包がアツアツですごくおいしくてたまらなかったです。2回もお持ち帰りしちゃいました。

撮影/古川義高

――食だけではなく、いろんなゲストの方が出演されるのも、今回の作品の見どころのひとつかと思うんですが、特に印象に残っている回はありますか?

どの回もすごく印象に残ってるんですけど……。深川麻衣さんは初めましてだったのに、すごく心地が良かったです。地元が一緒なんです、って話しかけてくださって。少しお話しただけだったんですけど、もっと長い時間一緒にいたかったな、って思いました。それぐらい居心地が良すぎました。

深川さんの隣に座って、食べながら失恋……恋愛の話をするんですけど、セリフも覚えてきたものを言うというよりかは本当に自然と話しているみたいな感覚になれたんです。お芝居の間もすごく好きでした。撮影自体は1日半で、天気に左右されてバタバタと撮った感じではあったんですけど、すごく印象的でしたね。

――フィーリングが合った、という感じなんですね。

そうですね。私が勝手に、ですけど。素敵な人だなあ、またご一緒したいな、って思いました。

――重要な役どころで林遣都さんが出演されますが、共演されていかがでしたか?

私が18~19歳のときに、深夜ドラマでご一緒させていただいてから、実はちょくちょくご飯に行かせてもらっていて。遣都先輩って呼んでるんですけど、20歳の誕生日を最初に祝ってくれたのは遣都先輩だったんです。お仕事では7~8年ぶりぐらいです。

――現場ではいかがでしたか?

当時から自由とコミカルを求められるお芝居をされる方だったんですけど、今回、そんなに自由のある役かな?と思いながら遣都先輩を観ていたら、見事に自由で爆笑をかっさらって行かれていました。

私も本番中、思わず吹き出しそうになっちゃって。さすがだなあ、と思いました。本当に短い時間でしたが、またご一緒できてすっごく嬉しかったです。

――演技について、何かアドバイスなどはありましたか?

あんまりお仕事の話はしなかったです。でも、また一緒にやりたいね、おっしゃってくださいました。

「ぴあWEB」更新情報が受け取れます