本当に、右も左もわからなかったときに、出会えてよかったなと思います。本当に何もわからない状況だったからこそ、いろんな方からの「愛」に気づけたんだと思います。

五朗さんや、寺さんからいただけた「愛」の大きさ、スタッフさんたちからの「愛」、共演者さんからの「愛」、すみからすみまで、気づけていた自分がいたと思うから。

何かしらの経験を積んでしまっている今の自分が、当時と同じレベルで吸収できるかといったら、やっぱりわからないです。出会ったタイミングが本当によかったのかなって思います。

--「めぐり合わせ」なのかもしれませんね。

出会うべくして出会った方々だったと思います。大先輩ですが、地球ゴージャスのお二人には、本当にそう思っています。

--連載を続けている中でも、「五朗さんと、寺さんに偶然会ったんですよ!」とか、その後の作品でも『ZEROTOPIA』(第45回)や『朝陽の中で微笑んで』(第36回)に続くとか、ガラコンサート(第108回)やAAAへの出演もありました(第32回)。お二人はミラチャイ連載の中でも欠かせない登場人物でしたね。

フォトギャラリー【第45回】「ミラチャイ」連載フォトギャラリー(全11枚)
フォトギャラリー【第36回】「ミラチャイ」連載フォトギャラリー(全14枚)
フォトギャラリー【本文未掲載分もあります】「ミラチャイ☆」連載 第32回

節目節目で、偶然出会っていますもんね。私が今の事務所に入って、その発表があった日にも、たまたま同じ稽古場に寺さんがいて偶然出会うとか。

「えぇっ!(驚)。このタイミングで会います?!」みたいな時にお会いできるんです。

DIVAのリハーサルで、メンタルが最高にボロボロだったとき、寺さんと五朗さんと、(三浦)春馬に会って、号泣したのを覚えてます。(第93回)

フォトギャラリー今週の連載を、写真と一緒に振り返る
  • 取材時に使用した連載一覧。
  • 今回の取材(12/17)の撮影中、「あの取材(2013/12/25)からもう1年なの? 早すぎる。あのキツネみたいな衣装のときでしたね」と佐江ちゃん。
  • 大阪での「ミラチャイ」取材。ビタミンカラーの衣装も印象的でした。「あ〜〜…、髪の毛。早くこのときぐらいの長さに、伸びないかなあ」(佐江ちゃん)
  • ミュージカル『AKB49〜恋愛禁止条例〜』千秋楽から、わずか2日後に取材(
  • 「背景のドアに“落書き”がしてあって、かわいかったな」(佐江ちゃん)

--ミラチャイ名場面のひとつですね。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます
バックナンバー