宮澤佐江

--さあ、佐江ちゃん。今回もよろしくお願いします。

よろしくお願いします!

--さて、4月になって2回目の更新となりました。改めまして、4/1でデビュー丸14年を迎えた佐江ちゃん。14周年おめでとうございます!

ありがとうございまーす!!

14年かぁ。そのうちの1年は休んでしまったけれど、自分が生きてきた年数の約半分ですね。

芸歴だけは長いんだ、芸歴だけは…! うん!

--14年は、長かったですか? それとも、短かった?

あっという間だった?

(自問自答する、佐江ちゃん)

あっという間だった。うん。

昔の自分の写真を見ると“ぅわっ(汗)”って思いますよ。ぶすだなぁ…って。“何でこんな子を応援しようと思ったんだろうか?”って、ファンの人たちへの疑問を押さえきれないッ!(笑)

--デビュー当時は、今、この地点に立っている自分を想像もしていなかった?

もちろん、想像もしていませんでした。

先日、デビューからの年月の長さを、改めて感じる出来事があったんです。

ホリプロに「WATWING(ワトウィン)」というダンス&ボーカルユニットの男の子たちがいるんですね。会って話をする機会があったんですが、皆の年齢を聞いたら、「22」とか「23」だと言うんです。「そーんなに年下なの!?」って、話していたら、その中に、

「15歳です」

って、いう子がいて!

“15歳? えっ? ウソでしょー?? 佐江がAKB48に入ったときに生まれたってことぉー!? ”

って、最近で一番驚きました。私が、がっつりアイドルしていた8年くらい前だと、小学生だから、当時のAKB48のことも知らないと思う。本当にびっくりしちゃいました。

でも、最近の若い子たちって、男の子も女の子も、本当におしゃれだし大人っぽい! 当時の自分と比較すると、同じ15歳でも、大人っぽすぎて比べ物にならない!

きっと、SNSのチカラもあるんだろうなぁ。

--確かにそうですね。

今の子たちは、ファッションでも真似できるものが身近にありますよね。でも、私の頃は、SNSはもちろんなかったし、ファッション誌も、皆が皆、見ているものではなかったから。

あの頃は、お兄ちゃんのお下がりの服や、スーパーで売っている服とかばっかり着てた! デパートだって、そう! 「109」に初めて行ったのは14歳だった。でも、今の子たちは、小学生くらいから行っちゃうでしょ?

ちびっこがスマフォを持ってるだけでも驚くからなぁ。。

目の前に「自分は15歳です」っていう子が現れたら、“この子がまだしゃべれない、オギャア、オギャア泣いてる赤ちゃんのときに、私はもう、人前に出てキャピ、キャピしてたんだ”と思っちゃって。

ここまであっという間だったなぁ…、とは思いつつも、やっぱり年月は流れてるんだと思って、少しだけゾッとしました(笑)

--この連載も、佐江ちゃんの芸歴の約半分を記録していることになりますよ。初代「ミラチャイ」連載の取材は、2012年から始まっていますから!

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます
バックナンバー