金明淑《ミョボン》1994年
フォトギャラリー『眠り展』の写真をもっと見る
  • 展示風景より
  • フランシスコ・ホセ・デ・ゴヤ・イ・ルシエンテス 「ロス・カプリーチョス」より《睡魔が彼女たちを圧倒する》1799年
  • 展示風景より
  • 展示風景より
  • 河口龍夫《関係—種子、土、水、空気》1986〜89年

11月25日(水)より東京国立近代美術館で開催中の『眠り展:アートと生きること』は、その名のとおり、眠りをテーマにした展覧会だ。

生物にとって生きていくために欠かせない「眠り」を芸術家たちはどのように表現してきたのだろうか。2021年2月23日(火・祝)まで開催されている。

展示風景より

人類は、人生の約3分の1の時間という膨大な時間を「眠り」に費やしている。それだけ時間をかけているのにもかかわらず「眠り」の時間に何が起こっているのか、未だに解明されていない部分も多い。

そんなミステリアスな「眠り」の世界は、芸術家にも多くのヒントやサポートを与えてきた。この展覧会は、そんな「眠り」についてゴヤやルーベンス、塩田千春や河原温など33名、約120点の作品を通して迫っていこうとするものだ。

ちなみにこの展覧会は6つの国立美術館(東京国立近代美術館、京都国立近代美術館、国立西洋美術館、国立国際美術館、国立新美術館、国立映画アーカイブ)の収蔵品を使った合同企画展でもある。

これまで、合同企画展は2010年の『陰翳礼讃』、2015年の『No Museum, No Life? ―これからの美術館事典』と5年の1回のペースで開催されおり、今回が3回目の展覧会となっている。それぞれの館の収蔵品を活用することで、ジャンルも年代などの枠を飛び越えた幅広い展示が可能となった。

フランシスコ・ホセ・デ・ゴヤ・イ・ルシエンテス 「ロス・カプリーチョス」より《睡魔が彼女たちを圧倒する》1799年

一口に「眠り」といっても、様々な側面や要素を持っている。目を閉じるという動作、夢を見ること、夢から生まれた想像力や不安、死のメタファーとしての眠り、目覚めの前段階……。芸術家たちにより、それらのどこに重きを置くかは大きく変わってくるのだ。

本展は、その眠りを7つの章に分け、さまざまな「眠り」を紹介していく。

「ぴあWEB」更新情報が受け取れます