松村北斗(SixTONES)と森七菜がW主演を務める映画『ライアー×ライアー』が2月19日より公開。

恋愛経験ゼロの地味な女子大生・湊(森七菜)は、両親の再婚で義理の弟になった透(松村北斗)と同居中。だが、透のだらしない女癖が原因で、関係はギクシャクしている。そんなある日、友人の頼みでギャルメイクをした女子高生の格好をして街に出た湊は、そこで透と遭遇。とっさに別人だとウソをつくと、それを信じた透は、湊が扮装した女子高生の“みな”に恋をしてしまい…。

湊とみな。2役のようで、実は同一人物というキャラクターを演じた森は、難しさも感じながら、楽しかったと笑顔を見せる。現実にはあり得なさそうな設定に、森自身とは共通するところは少なかったという湊を、なぜ森はあそこまで共感度の高いものにできたのか。その裏側も含め、今作については、森自身の恋愛傾向などを語ってもらった。

フォトギャラリー『ライアー×ライアー』&森七菜の写真をさらに見る
  • 撮影:小嶋文子
  • 撮影:小嶋文子
  • 撮影:小嶋文子
  • 撮影:小嶋文子
  • 撮影:小嶋文子

湊とみなを演じてみて、頭で考えるお芝居がすごく多くなった

――完成した映画を観ての感想を教えてください。

もともと原作漫画を読んでいて、それ自体が素敵で面白くて、大好きな作品だったんです。そんな原作ファンと言っても過言ではない私が観ても、『ライアー×ライアー』の世界観が出ていると感じました。

原作から私が感じていたのは、他のラブコメとはまた違う形の非現実的なテーマというか。正直、変装した義姉に義弟が恋をしてしまう、みたいなことは漫画ならではだと思いますが、金田一(蓮十郎)先生の描くイラストやコマの書き方で、そこに親近感が沸くのが魅力だと思っていたんです。

だからそれを表現するのが、私たちの役目だとも思っていて。そしたら、観た方から「切なくなった」と聞いて、映画も近寄りやすい形になれたのかな、と思いました。

――一人の人物ではありますが“湊”と“みな”という2つキャラクターを演じるのはどうでしたか?

2役に見えて同一人物でもあるので、塩梅が難しかったです。あまり2つを切り離し過ぎても透との距離を詰めるときに引っ掛かってしまうし、自分の中で相談する場面がすごく多かったです。

そんな中で、透とみなが一緒に夜景を見るというシーンの撮影あって。セリフがアドリブだったんですけど、気付いたら「あそこ、真樹(堀田真由)ちゃんが美味しいって言ってたカレーやさんだ」って言ってて。

みなの状態なので、本当は湊の友達の真樹ちゃんの話をしてしまうのはダメなんですよ。でもそのときに、湊って普段こういう気持ちでいるんだな、と気づいて。そこから役への理解がさらに深まりました。

©2021『ライアー×ライアー』製作委員会 ©金田一蓮十郎/講談社

――一人で2役を演じることで発見できたことは?

一度、映画『ラストレター』で、松たか子さんの娘役と、幼少期という2役はやったことがあったんですけど、そのときはまだお芝居を始めて1年ぐらいで。今、改めてこんなふうに物語の真ん中で旅をしていく役を演じると、頭で考えるお芝居がすごく多くなったな、と感じます。

自分の気持ちを構築したり、透や烏丸くん(小関裕太)との距離感を考えたり、本番が始まる直前まで計算しながらやる、というのはすごく新鮮な作業でした。『ラストレター』のころは、まだそれができていなかったからか、そんなことは感じていなかったので、新しく増えた感覚だな、とは思います。

――湊やみなに共感できるところはありましたか?

最初の印象は、どちらもなかなか共感しづらいな、という(笑)。「誰かがこんな体験をしているのかもしれない!」って思いながら読む漫画は面白かったんですけど、それを自分に置き換えると、湊みたいに自分は流されたりしないだろうな、と思うので。「透の押しに弱すぎるだろう~」ってツッコミたくなりました(笑)。でもそこは自分と真逆だからこそ、演じていて楽しめた部分もありました。

「ぴあWEB」更新情報が受け取れます