犬飼貴丈 撮影/友野雄

SNSでバズりまくりのメタBLコミック『絶対BLになる世界VS絶対BLになりたくない男』がついにドラマ化。3月27日(土)21時よりCSテレ朝チャンネル1にてオンエアされている。

主人公は、どこにでもいる平凡なモブキャラクター。しかし、彼が住んでいるのは、登場人物たちが必ずBLになってしまうBL漫画の世界だったーー。

すれ違うだけで恋におちる世界で、次々と立ちまくるBLフラグを必死に回避する主人公の奮闘をコミカルに描いた本作。完全実写化にあたり、2次元の世界に勝るとも劣らない超絶イケメンたちが名を連ねた。

そこで、放送に向けて出演者たちに独占インタビュー。主人公・モブ役を演じる犬飼貴丈に話を聞いた。

フォトギャラリー【犬飼貴丈】インタビュー&『#ドラマ絶対BL』主要キャストの写真をもっと見る
  • (左から)小南光司、伊藤あさひ、犬飼貴丈、ゆうたろう、塩野瑛久 撮影/友野雄
  • 犬飼貴丈 撮影/友野雄
  • 犬飼貴丈 撮影/友野雄
  • 犬飼貴丈 撮影/友野雄
  • 犬飼貴丈 撮影/友野雄

ほっておくと隣の人がすぐ乳繰り合います(笑)

犬飼貴丈 撮影/友野雄

――犬飼さんは、主人公のモブ役。発表のときは、こんなお顔のいいモブがいるかと思いました(笑)。

いやいや、とんでもないです(笑)。

――モブを演じていて、楽しいところはどんなところですか。

身の回りで起きている出来事を、客観的に見られる楽しさはありますね。このドラマは、ほっておくと隣の人がすぐ乳繰り合うので…(笑)。

それを横目で見ているお芝居は楽しいし、いつもニコニコしていました。

――現場の様子を想像するだけでこちらもニコニコしますが、実際はどんな空気でしたか。

すごく穏やかでした。ピリッとしたところが全然なくて。常に和気あいあいという感じ。だから、男同士でイチャイチャするところも恥ずかしがらずにやれたのかなという気がします。

――原作も大好きなのですが、モブのリアクションが笑いのポイントになっていますよね。

そうですね。僕も撮影が始まって2日目くらいまで原作に寄せることに重きを置いていたんですけど、やっぱり原作とドラマはまた別物。

芝居をする上では、原作のおさえるべきところはおさえつつ、脚本に描かれていることに忠実にやることが大事なのかなと。だから、わりと途中からは暴れまわった気がします(笑)。

――なるほど。原作とまたちょっと違うモブになっているんですね。

実写ならではの面白さがあると思います。わりと勢いでやったところがあったので、どうなっているか出来上がりが僕自身もすごく楽しみなんですよ。

行き過ぎたら監督が止めてくれるだろうと思って、とりあえずフルスロットルでやれるところまでやったら、結果、誰にも止められずにそのままオッケーになったという(笑)。

もちろん原作を読んでいるみなさんにも楽しんでいただける作品にしたいとは重々思っていますが、演じるときはそこにあまり縛られすぎず、わりと自由にさせていただきました。

「ぴあWEB」更新情報が受け取れます