『サバカン SABAKAN』

『ミッドナイトスワン』や『クソ野郎と美しき世界』などの製作を手掛けてきたCULENが、新作映画『サバカン SABAKAN』の製作を発表した。2022年8月に全国公開される。

『ミッドナイトスワン』に続く愛の物語

番家一路(子役)を主演に、原田琥之佑(子役)、尾野真千子(『台風家族』)、竹原ピストル(『永い言い訳』)、貫地谷しほり(『総理の夫』)、そして草彅剛(『ミッドナイトスワン』)が出演、日本アカデミー賞最優秀作品賞に輝いた『ミッドナイトスワン』に続く愛の物語となるもよう。

監督・脚本は、本作が映画初監督となる金沢知樹(萩森淳と共同脚本)。TBSドラマ『半沢直樹』(2020年)など、主にテレビ・舞台の脚本や演出を手掛けてきた俊英だ。

新鋭監督と演技派俳優陣による素晴らしいアンサンブルが実現し、2021年8月から9月にかけて、風光明媚な長崎県を中心に撮影が行われた。

物語は1986年の長崎を舞台に“イルカを見るため”に冒険に出た、ふたりの少年の友情、それぞれの家族との愛情のひと夏を描く。

コロナ禍の中で社会の分断が進む中、80年代という時代を通して映し出される、貧しさの中にある人の温かさと優しさに触れる作品として、すべての大人たちの魂を揺さぶる「あの頃の僕たちに背中を押される」物語である。

「ぴあWEB」更新情報が受け取れます