『THE FIRST SLAM DUNK』ポスタービジュアル ©I.T.PLANNING,INC.©2022 SLAM DUNK Film Partners
フォトギャラリー映画動員ランキングトップ10を画像で見る
  • 『劇場版 転生したらスライムだった件 紅蓮の絆編』
  • 『仮面ライダーギーツ×リバイス MOVIEバトルロワイヤル』
  • 『ブラックナイトパレード』
  • 『ONE PIECE FILM RED』
  • 『かがみの孤城』

全国映画動員ランキングTOP10(12/31-1/1)

12月31日(土)、1月1日(日)の全国映画動員ランキングが発表されました。

先週のTOP3は1位『THE FIRST SLAM DUNK』、2位『すずめの戸締まり』、3位『アバター:ウェイ・オブ・ウォーター』でした。

ランキングはどのように変動したのでしょうか? さっそく10位から発表していきます。

10位『劇場版 転生したらスライムだった件 紅蓮の絆編』

『劇場版 転生したらスライムだった件 紅蓮の絆編』 ©川上泰樹・伏瀬・講談社/転スラ製作委員会

公開6週目の『劇場版 転生したらスライムだった件 紅蓮の絆編』は先週から順位は変わらず。引き続きTOP10入りです。

本作は累計発行部数3000万部を超えるライトノベルを基にした異世界ファンタジーアニメ初の劇場版長編作品です。

TVアニメ第1期と2期を経て、ストーリー原案を原作者の伏瀬が担当。

監督は菊地康仁、声の出演は岡咲美保、内田雄馬。劇場版オリジナルキャラクターの女王トワ役を福本莉子が担当しています。

9位『仮面ライダーギーツ×リバイス MOVIEバトルロワイヤル』

『仮面ライダーギーツ×リバイス MOVIEバトルロワイヤル』 ©石森プロ・テレビ朝日・ADK EM・東映

公開2週目の『仮面ライダーギーツ×リバイス MOVIEバトルロワイヤル』は先週7位から2ランクダウン。

『仮面ライダーリバイス』“最後の物語”として始まる第1部と、ギーツ×リバイス×龍騎の共演で“最悪のゲーム”を描く第2部で構成された劇場版です。

監督は数々の特撮作品を手掛けてきた柴崎貴行、出演は簡秀吉、前田拳太郎、他。

8位『ブラックナイトパレード』

『ブラックナイトパレード』 ©2022「ブラックナイトパレード」製作委員会 ©中村光/集英社

公開2週目の『ブラックナイトパレード』は先週4位から4ランクダウン。

本作は中村光の同名漫画を吉沢亮の主演で実写化したコメディです。

冴えない主人公がブラックサンタとなり奮闘する姿を描きます。監督は、中村光の『聖☆お兄さん』を映画化した福田雄一。共演は、橋本環奈、中川大志、渡邊圭祐ら。

7位『ONE PIECE FILM RED』

『ONE PIECE FILM RED』 ©尾田栄一郎/2022「ワンピース」製作委員会

公開21週目でTOP10圏外になった『ONE PIECE FILM RED』が、公開22週目で再び浮上です。

昨年8月の公開からロングランヒットを続けている本作の興収は、190億円に迫っています。

1月1日(日)からは来場者特典として、原作者の尾田栄一郎氏が振袖姿のウタを描き下ろした「UTA HAPPY お年賀 2023」を配布していることも動員増に貢献しました。

「ぴあWEB」更新情報が受け取れます