熊本県出身の行定勲監督がディレクターを務める「くまもと復興映画祭2021 Powered by 菊池映画祭」が、2021年も4月16日(金)~18日(日)の3日間、熊本城ホールで開催されることが決定!

フォトギャラリー「くまもと復興映画祭2021」上映作品の写真をさらに見る
  • 『サマーフィルムにのって』©2021「サマーフィルムにのって」製作委員会
  • 『くれなずめ』©2020「くれなずめ」製作委員会
  • 『わたしは元気』©大田原愚豚舎
  • 『佐々木、イン、マイマイン』©「佐々木、イン、マイマイン」
  • 『夢みるように眠りたい』©KAIZO HAYASHI1986/2019

上映作品のラインナップと行定監督のメッセージが届きました。

昨年、コロナ禍という未曽有の難局にも屈せず、感染防止を徹底させ、小規模ながらもリモートも組み込んだ新時代のスタイルで熊本の人たちや映画ファンに勇気と元気をくれた同映画祭。

今年も急ピッチで復興を進める熊本にエールを贈るべく、選び抜かれた9作品を上映し、多彩なティーチインゲストの登壇も予定されています。

オープニング作品:熊本の情景を記録した行定勲監督作

『いっちょんすかん』(2018)4月16日(金) 17:30~

『いっちょんすかん』©SSTF2018

行定監督が2016年に起きた熊本地震の3日間の出来事を、『うつくしいひと』(16)、『うつくしいひと サバ?』(17)の登場人物・田上(米村亮太朗)とその恋人(倉科カナ)とのラブストーリーを中心に笑いと涙で描いた39分の短編。

タイトルは、熊本弁で「まったく好きじゃない」の意味。

必見!“日本映画伝説の傑作”が4Kデジタルで

『丹下左膳餘話 百萬両の壺[4Kデジタル復元・最長版]』(1935)4月17日(土) 10:00~

※ティーチインゲスト…ミルクマン斉藤(映画評論家)

『丹下左膳餘話 百萬両の壷[4Kデジタル復元・最長版]』©日活

28歳の若さで亡くなった名匠・山中貞雄の代表作で、現存する3作品のうちの1本。

名優・大河内傳次郎が浪人・丹下左膳を演じたこの傑作時代劇を4Kデジタル復元・最長版で上映されます。

行定勲監督を「映画の道」に導いた名作

『夢みるように眠りたい』(1986)4月18日(日) 10:00~

※ティーチインゲスト…佐野史郎 ほか

『夢みるように眠りたい』©KAIZO HAYASHI1986/2019

『私立探偵 濱マイク』シリーズで知られる林海象監督の長編デビュー作。

昭和30年代ごろの浅草を舞台にした、映画にまつわる美しくも儚い恋のミステリーをモノクロ&サイレントで描く。

昨年12月に公開されたデジタルリマスター版で上映。

いま最も勢いがある「俊英たち」の最新作

『くれなずめ』(2021)4月16日(金) 19:00~

※ティーチインゲスト…松居大悟監督、高良健吾 ほか

『くれなずめ』©2020「くれなずめ」製作委員会

『アズミ・ハルコは行方不明』(16)、『君が君で君だ』(18)などの松居大悟監督が、自身の体験をベースに描いたオリジナル舞台劇を映画化。

高校時代につるんでいた6人の仲間が、友人の結婚披露宴で余興をするために5年ぶりに集まるが……。

6人を演じるのは成田凌、高良健吾、若葉竜也、浜野謙太、藤原季節、目次立樹木。

『街の上で』(2019)4月18日(日) 17:30~

※ティーチインゲスト…今泉力哉監督、若葉竜也 ほか

『街の上で』©『街の上で』フィルムパートナーズ

『愛がなんだ』(18)、『あの頃。』(21)などの今泉力哉監督が、東京の下北沢の古着屋で働く青年と4人の女性の出会いをオリジナル脚本で描いた恋愛群像劇。

下北沢に実際にあるスポットが登場したり、下北沢で実際に交わされていそうな音楽や映画をめぐる若者たちの会話が挿入されるのが面白い。

『愛がなんだ』の成田凌もセルフパロディ的な役どころで友情出演しています。

「ぴあWEB」更新情報が受け取れます