藤原季節

フランス革命の時代に実在した死刑執行人、シャルルーアンリ・サンソンの実話をベースとした舞台『サンソンールイ16世の首を刎ねた男―』。

主演・稲垣吾郎、演出・白井晃、脚本・中島かずき、音楽・三宅純の『N0.9―不滅の旋律―』を生み出した最強チームが手がける話題の新作には、人気と実力を兼ね備えた注目の若手俳優が多数、出演する。

そのひとり、映像や舞台で放つ独特な個性が気になるこの人、藤原季節に稽古の様子や本作に懸ける思いを聞いた。

フォトギャラリー【藤原季節】インタビューフォト&『サンソンールイ16世の首を刎ねた男―』画像を見る
  • 舞台『サンソンールイ16世の首を刎ねた男ー』
  • 藤原季節
  • 藤原季節
  • 藤原季節
  • 藤原季節

『No.9~』を観た時、足が震えました

――今回のお話を受けて、参加を決めた時のお気持ちから教えていただけますか?

僕はもともと演劇を観ることが好きで、小劇場の学生演劇から芝居を始めたんです。

当時、いろんなアルバイトをして来た中には商業演劇の演出部のお仕事もあって、いつか大きい劇場に立って台詞を言いたい、そんな目標を持っていました。

それ以降、アンサンブルとして出た経験はあるんですけど、今回のようにしっかり役をいただいて大劇場に立つのは初めてで。

だから今、本当に毎日が幸せです。

作品の内容やキャストの方々など、魅力はたくさんありますけど、まずは「大きな劇場に自分が立てるんだ!」ってことが嬉しかったです。

――稲垣吾郎さん主演、白井晃さん演出、中島かずきさん脚本、三宅純さん音楽というと舞台『No.9―不滅の旋律―』という素晴らしい舞台が思い起こされます。

はい、僕も拝見しまして、素晴らしかったです。先日も今回の共演者の牧島輝君と『No.9』について話して、牧島君は「すごすぎて手が震えた」と言ってましたけど、僕は足が震えました。

――その鉄壁のチームで、また震えるような舞台を立ち上げてくれそうですね。

責任感の強い役者さんが集まっていて、一人ひとりの情熱が稽古場に渦巻いているように感じています。皆でコミュニケーションを取り合う、素敵な現場です。

藤原季節

――実在した人物を題材としたストーリーですが、脚本を読んで感じたことは?

これまでフランスの歴史を深く調べたことがなかったので、知らないことばかりでした。今は寝る時間も惜しいくらい、フランス革命に関する資料を観たり、読んだりしています。歴史を知ることが面白くて、寝られないというか、うなされてますね(笑)。

なので、最初に脚本を読んだ時は、歴史をよく知らなかったのでフィクションのように感じたんですよね。スペクタクルで、悲劇的で、なんて興味深い話なんだろうと。

それから歴史を詳しく調べていくうちに、その興味がどんどん倍増していって……。パリで死刑執行人がひとりしかいなかったなんて、本当にこんなことがあったんだと。

マリー=アントワネットやナポレオンが主役の物語はあるけど、死刑執行人を主役にするという視点がすごく面白いなと思いました。

「ぴあWEB」更新情報が受け取れます