『Cocco Live Tour 2022“プロム”』6月7日 TOKYO DOME CITY HALL 撮影/西槇太一

Coccoが全国ツアー『Cocco Live Tour 2022“プロム”』の最終公演を6月7日にTOKYO DOME CITY HALLで開催。そのオフィシャルレポートが到着した。

フォトギャラリー【Cocco】全国ツアー『Cocco Live Tour 2022“プロム”』のライブ写真を見る(全12枚)
  • 『Cocco Live Tour 2022“プロム”』6月7日 TOKYO DOME CITY HALL
  • 『Cocco Live Tour 2022“プロム”』6月7日 TOKYO DOME CITY HALL
  • 『Cocco Live Tour 2022“プロム”』6月7日 TOKYO DOME CITY HALL
  • 『Cocco Live Tour 2022“プロム”』6月7日 TOKYO DOME CITY HALL
  • 『Cocco Live Tour 2022“プロム”』6月7日 TOKYO DOME CITY HALL

アルバム『クチナシ』、『プロム』からの選曲

『Cocco Live Tour 2022“プロム”』6月7日 TOKYO DOME CITY HALL 撮影/西槇太一

約2年半ぶりのツアーとなった『Cocco Live Tour 2022“プロム”』は、愛知、福岡、大阪、東京と巡り、6月7日、TOKYO DOME CITY HALLでファイナルを迎えた。

Coccoは今年デビュー25周年を迎え、「強く儚い者たち」など初期曲の魅力にもさらなるスポットが当たる昨今だが、今回のツアーのセットリストは、『クチナシ』(2021年)、『プロム』(2022年)という2枚のアルバムからの選曲(+新曲が1曲)のみで構成。

ライブ終盤に「こんなにサービス精神のないセットリストを受け入れてくれて、ありがとう」と語ったCoccoだったが、今この時代にこそ鳴らされるべき『クチナシ』そして『プロム』の深く多彩な楽曲たちをライブで堪能できるのは、ファンにとっても望むところであった。楽曲が終わるたびに起こった、長く大きな拍手がそれを如実に物語っていた。

このツアーでのCoccoのモードは完璧に「今」にある。椎野恭一(Drums)、根岸孝旨(Bass)、長田進(Guitar)、藤田顯(Guitar)、渡辺シュンスケ(Key)という編成で紡ぎ出される圧倒的なバンドサウンドと歌声が終始共鳴し合い、かつてないほどロックでダイナミックなCoccoを魅せた。

「White dress」でライブスタート

『Cocco Live Tour 2022“プロム”』6月7日 TOKYO DOME CITY HALL 撮影/西槇太一

『クチナシ』の1曲目に収録されている「White dress」でライブスタート。光と影を映し出す照明の妙で、Coccoの纏うネオンピンクのドレスが「白」にも「黒」にも見え、その美しい演出にも心を奪われる。

続く「ひとひら」のバンドサウンド。その心地好いヘヴィネスに後押しされるようにCoccoの歌声も強さを増していく。そして、Coccoのクールなラップから沖縄の風を呼び込むようなサビの歌唱へと続く「コバルト」、ジャジーでフリーキーな展開にダークなCoccoの歌声が面白いように転がる「True Lies」と、アルバム『プロム』の中でも抜群にオルタナティブな楽曲が続き、序盤はその歌世界に圧倒される。

『Cocco Live Tour 2022“プロム”』6月7日 TOKYO DOME CITY HALL 撮影/西槇太一

「今年、沖縄の本土復帰50周年で、意識してなかったけど『プロム』に沖縄(の音)がダダ漏れなのって、そういうことなのかなあって気づいた」とCoccoが語っていたように、オーガニックに柔らかくグルーヴする「ラブレター」にも、やさしい歌声に癒される「ままいろ」にも、そして藤田がコーラスをとり美しいハーモニーを響かせた「結い」(アルバム音源ではスガ シカオと共演している)にも、沖縄が色濃く滲む。

「恋い焦がれて」の情熱的なラテンサウンドにも沖縄民謡のグルーヴがミックスされ、その多幸感に歌い終わったCoccoが思わず笑い声をあげる場面も。

《もう力が残ってない そんな力は残ってない》と歌う「PROM」は、その歌詞と裏腹にこの日とても力強く響いた。続く「潮満ちぬ」の荒波のようなバンドアンサンブルも、その中を自由に泳ぐように歌うCoccoの姿がまた感動的だった。このバンドの音が、Coccoをまた歌へと、ライブへと向かわせるのだと感じた。

「ぴあWEB」更新情報が受け取れます