©STUDIO DRAGON CORPORATION

韓国ドラマ史上最高のカップル、ソン・ヘギョ×パク・ボゴムによる現代版シンデレラ・ラブストーリー『ボーイフレンド』が、2月4日(火)よりBlu-ray&DVDリリースされる。話題沸騰中の本作は一体どんなドラマなのか? 作品の見どころ&魅力を紹介したい。

フォトギャラリードラマ『ボーイフレンド』の写真をもっと見る
  • ©STUDIO DRAGON CORPORATION
  • ©STUDIO DRAGON CORPORATION
  • ©STUDIO DRAGON CORPORATION
  • ©STUDIO DRAGON CORPORATION
  • ©STUDIO DRAGON CORPORATION

ロマンチックや胸キュンという言葉を超えて胸を打つ

年上女性と年下男性の恋を描いたドラマは数多くあり、いずれも女性視聴者に訴えかけるものだが、そんな中でも『ボーイフレンド』は主人公カップルの愛に対する真摯な姿勢が他のラブストーリー以上に心に深く残る。互いを思う二人の魂の清らかさは、ロマンチックや胸キュンという言葉を超えて胸を打つ。

『82年生まれ、キム・ジヨン』をはじめ『あの日、兄貴が灯した光』など、主に映画を中心に活動してきた脚本家ユ・ヨンアは、ことさらにドラマチックな展開を設けることなく、二人の心の動きを丁寧に描き出す。

©STUDIO DRAGON CORPORATION

政治家の娘から財閥の嫁となり、離婚後はホテルの経営者として仕事に没頭する孤独な女性スヒョンと、小さな果物屋を営む両親の温かな家庭で育った快活な青年ジニョク。全く違う世界に住む二人が出会ったのはキューバだった。

出張で訪れたスヒョンは一人で出かけた先でバッグを盗まれて困っているところを、旅行中のジニョクに助けられたのが縁で夢のようなひと時を過ごす。

帰国後、会社代表と新入社員として再会した二人は引かれ合うものの、常に世間から注目される存在のスヒョンは彼と距離を置こうとする。ジニョクはそうしたスヒョンの立場を理解しつつ、少しずつ彼女の凍った心を溶かしていく。

周囲の無理解や好奇の視線が彼らの愛を阻もうとする中で、彼らがためらいつつ近づいていく様子が心をときめかせる。

キューバのきらめく空と海、淡いオレンジの街灯に照らされた石畳、韓国の冬空の下に広がる枯れ野、青く澄んだ江原道の海。

それらの場所をそぞろ歩き、向かい合う二人の姿はこの上なく輝いて見える。

光と色彩に徹底的にこだわったパク・シヌ監督の作り出す映像美が見事だ。

さまざまなボゴムの麗しさが堪能できる一作

©STUDIO DRAGON CORPORATION

さらに、タイトルバックの幻想的なイラストや、エリック・ナム、ペク・アヨンらによる挿入歌が視聴者の関心を集め、童話のような彼らの恋を彩り、ジニョクが愛好する詩や絵画、フィルムで撮った写真などアナログな感触が彼の誠実で温かみある人物像を映し出している。

ただ、ラブストーリーには主役カップルを演じる俳優が何と言っても重要だ。このドラマを最高にすてきなものにしたのは、ソン・ヘギョとパク・ボゴムの組み合わせであることは間違いない。

ソン・ヘギョは年下男性に恋したスヒョンの戸惑いや心の揺れを繊細に表現した。

そんなスヒョンを一途に愛するジニョクを演じたパク・ボゴムの魅力が光る。

キューバでは自由に振舞っていたジニョクが、ソウルへ戻ってからは部下として線を守って接するものの、抑えきれないスヒョンへの思いを素直に表すようになる、その言動の一つ一つに心を掴まれてしまう。

最初は遠慮がちだったジニョクが、スヒョンを守ろうと毅然と振る舞ううち、大人の男性へと変貌していく姿が頼もしい。

また、普通の会社員役はボゴムにとって初。オフィスで同僚や先輩社員と語らい、デスクに向かい、飲み会で酔っ払う無防備な姿が新鮮だ。

そして、仮面舞踏会でのバルコニーキスやホテルの秘密の通路での密会、ビデオ通話での親密な会話など、ドキドキのシーンで見せる彼の優しいまなざしには誰もがうっとりするはず。

さまざまなボゴムの麗しさが堪能できる一作でもある。

「ボーイフレンド」リリース情報

©STUDIO DRAGON CORPORATION

2020年2月4日(火)発売
・DVD SET1【特典DVD付】(お試しBlu-ray付) 16,200円+税
・Blu-ray SET1【特典DVD付】 18,200円+税
2020年3月3日(火)発売
・DVD SET2【特典DVD付】(お試しBlu-ray付) 16,200円+税
・Blu-ray SET2【特典DVD付】 18,200円+税
※レンタルDVDリリース
・2020年2月4日(火)Vol.1-6
・2020年3月3日(火)Vol.7-12
・2020年4月2日(木)Vol.13-18
発売・販売元:NBCユニバーサル・エンターテイメント
©STUDIO DRAGON CORPORATION

雑誌「韓流ぴあ」ブレーン・ライター兼編集者。韓国エンターテイメントの魅力に目覚めて20年。俳優の取材をはじめとする韓国エンタメの仕事をしつつ、日本の俳優本などを編集する現在。生活の大部分を韓国ドラマ・映画・ミュージカル・音楽・バラエティ鑑賞に費やしています。

「韓流ぴあ」更新情報が受け取れます