山田裕貴、中村倫也 撮影/友野雄

2020年3月。一匹のワニの人生が、日本中を感動で包み込んだ。あれから1年あまり。ついにあの物語がスクリーンで甦る。

声の出演を果たした中村倫也は「オファーをいただいたときは、流行ったから映画化かな?と思ったんですよ」とさらりと本音を口にする。隣で聞いていた山田裕貴も「俺もまったく同じこと思った」と頷く。

だけど、決して流行りに乗っただけの作品ではない。そう感じ取ったから、ふたりはこの有名すぎる物語の登場人物として生きることを決めた。

7月9日(金)公開の『100日間生きたワニ』。これは、今生きていることを慈しむ気持ちになれる、この時代にふさわしい映画だ。

フォトギャラリー【中村倫也&山田裕貴】インタビューフォト&『100日間生きたワニ』場面写真をもっと見る
  • 中村倫也 撮影/友野雄
  • 山田裕貴 撮影/友野雄
  • 中村倫也 撮影/友野雄
  • 山田裕貴 撮影/友野雄
  • 山田裕貴、中村倫也 撮影/友野雄

『俺のイタリアン』に日常のいとおしさを感じました

山田裕貴、中村倫也 撮影/友野雄

――映画を観ながら、ささやかな日常の美しさを感じました。おふたりが日常のいとおしさを感じる瞬間はどんなときですか。

山田 風が吹いてるとか。

中村 お。

山田 鳥が鳴いてるとか。

中村 (他には?という目で促している)

山田 お風呂に入った瞬間とか。

中村 (それから?という目で促している)

山田 今日10時入りだから、もうちょっと寝れるなってときとか。

中村 (まだあるでしょ?という目で促している)

山田 あとは初めて食べてみたデリバリーのお店の「これうまい」に出会えたときとか。最近だと『俺のイタリアン』がうまかったです。

中村 じゃあ、今、裕貴が言ったこと、原稿では全部俺が言ったことにしてください。

山田 えー(笑)。

山田裕貴、中村倫也 撮影/友野雄

――じゃあ、すみません、山田さん、今度は自分の分を…(笑)

山田 えっと…セミが鳴いてるとか。桜が咲いたなとか。人が笑ってるとか。

中村 あ、それ、NGワード。言っちゃダメ。

山田 え、自分のものにしたいからですか。

中村 そうそう。

山田 (笑)。

中村 切り札だったのに。もう1回こっちに来るだろうなと思っていたから、そのときのためにとっておいたのに全部言う、この人。先輩つぶしにかかってるわ。

山田 そんなわけないでしょ(笑)。

中村 怖いですね〜。

――じゃあ、改めて中村さん、日常のいとおしさを感じる瞬間はどんなときですか。

中村 (即答で)お金を稼げたときです。

山田 さすがですね。一個上のジョークで来ますね(笑)。
 

「ぴあWEB」更新情報が受け取れます