宮澤佐江

んー、目標は立てなくてもいいのかなって、今はまだ思ってます。10代、20代のときに掲げていた目標が、今、叶っているわけではなくて。逆に、その目標を意識しすぎるがゆえに、自分で自分を苦しめていたところもあったので。

もちろん、目標があることも、すごく必要なことだと思うんです。年下の子たちに何か伝えるとしたら、「何か目標を持った方がいいよ」って、言うと思うから。

でも自分自身、今、「目標に向かって、こうしなきゃいけない」っていうのがあると、すごく焦ってしまうと思うんです。

20代はそう生きてきちゃったので、今は、自分のペースでいくことを恐れずに、堂々と歩んでいけたらいいなと思います。

--自分自身のペースでいられるって、大切ですね。

人にどう思われるか、どう見られているかを考え過ぎていたのが20代だったので。そろそろ、そういう概念を自分の中から取り去りたくて。「私は、私」って、自分自身に意識させてあげないと、後々自分が苦しくなってしまうから。

だからね、周りが結婚しても焦らないし(笑)、心友がハリウッドに進出しても、“いいなぁーっ”って、思うけど、「大丈夫、大丈夫。私は私の道がある」って、言い聞かせることも大切だなって思ってます。

--「ミラチャイ」でも、何度か出てくるワードかと思いますが、「自分自身に言い聞かせる」って、大事ですね。

自分自身が自分を信じてあげないと、ねッ!

--そうですね。信じてこそ自分自身のペースでいられそうです。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます
バックナンバー