宮澤佐江

心の中はいつもグチャグチャで、「あぁ〜、どうしよ、どうしよ」って言ってるのにね(笑)。取材だと落ち着いた自分を出していますね。

--いろんなことを冷静に、俯瞰で多面的に見ているからこそ、これだけの連載回数を重ねても、話が尽きないのかなとも思います。

例えばSNSでひとつ発言するのにも、瞬発的には動けないタイプです。違う脳が働く。これを発信したら、どう思われるかとか、どういう返事が返ってくるかを考えて、1つひとつの発言をしようとしてます。だから、どこかで俯瞰的な考えをしているんでしょうね。

--この波を立たせたら、どう返ってきて、と考える?

そうですっ!

--だからときには、発言できないこともある。

そうですっっ!! それは、よくも悪くもあるかもしれないです。以前は、瞬発的に発言していたときもあって、ミスも犯しました。いっぱい、いっぱい、いーっぱい!

やっぱり20代ってすごいですね。そういうミスも経験しました。格好つけて生きてきたってすごく思う。失敗もして、格好をつけていた部分があったのが20代だった。

でも、たくさんミスをしたからこそ、成長につながることもあると思うんです。だから、30代は「失敗を恐れない」。目標を掲げるとしたら、それが今一番の目標かな。

--「失敗を恐れない」というのは、芸能のお仕事をされている方だけじゃなくて、普通のビジネスマンでも同じかもしれませんね。年齢が上がると、失敗ができにくくなるものです。

自分自身、わからないことがあっても、わかったフリをし続けちゃったのが20代で。“わからないって、恥ずかしいことかな”って思うと、わかってないのにわかったフリをしてしまっていたんです。

そんな場面にいっぱい直面してきて。それがダメだったって、今もよく考えるんです。

だから、「わからないことは、わからない」って言う。「恥をかくこと、失敗することを恐れない」が、30代の身近な目標かもしれない。今日、話していてそう思いました。

--改めて意識したい、さまざまな立場の人にも参考になる目標ですね。ありがとうございます。さあ、それでは最後に、ご家族はお誕生日に向けて、何か言われてますか?

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます
バックナンバー