宮澤佐江

うーん。全然ないですねぇ。29歳の誕生日を迎えたくらいから、30歳になるのが突然楽しみになってきたんです。それまではキャピキャピしていたいから、“20代のままがいい”って思うこともあったけど。

男性も女性も、20代はいろんなことを一番吸収できる10年だと思うんです。20代で吸収したものを、少しずつ自分のものにして、発信していくのが30代からなんだろうな。そう思うと、やっぱり楽しみのほうが強いです。

以前、石原さとみさんが30歳を迎える前にインタビューを受けていたのを、たまたま見たことがあって。その中で30歳を「すごく楽しみなんです」って、自信を持って言われていて。それがすごく記憶に残っているんです。

そのとき私はまだ“20代のままでいたい”って、思っていた頃だったから、30歳が楽しみな理由がわからなくて。だけど今、その意味がやっとわかるようになったというか。

もちろん、石原さとみさんとは、活動してきた時間もまったく違うので、比べるものではないんですが。30代を前にしてワクワクしてくる感情が、私にも生まれてきてくれたことが嬉しくて。前を向いて人生歩けるのは、本当に嬉しいことだから。

--30代の先輩としては、大島優子ちゃんや、秋元才加ちゃんもいますね。前回は、優子ちゃんがぎっくり腰になってしまって、才加ちゃんの結婚祝いに、心友3人で集まれなかった話をしてくれましたね。

そう! 優子がぎっくり腰になってしまって、実現しなかった心友トリオの会を、3人で久しぶりに集まって過ごしました。

--才加ちゃんも最近お誕生日を迎えられて。素敵な30代を過ごしているおふたりを見て、30代のイメージがさらによくなったのでは?

いや、そういうわけでもないけど、でも、ふたりは一番身近にいて、刺激を与えてくれる人たちでもあるので。あり方や過ごし方、顔つきや服装だったりが、すごく自然にふたりにマッチしていると思っているんです。優子や才加は、

「日本では年相応かもしれないけど、海外行ったら私たちなんて10代に見られちゃうのよ!」

って、言っていて(笑)。海外の人たちと比べると、10代くらいに幼く見えちゃうみたいで。でも、そう言いながら生きてるふたりを見て、すごく自然でいいなぁって思ってます。

私自身、例えば服装に関しては、“30代になっても、自分が着たいものを着たい”って、思っていて。キャピキャピというのかな? カジュアルな服装を、もうちょっと着ていきたいなと思ってます。あははは!

--そうすると、イメチェンの予定は?

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます
バックナンバー