左から、大平峻也、和田琢磨 撮影/杉映貴子

国民的人気作の『サザエさん』が2022年1月、再び舞台化される。19年の初演では、藤原紀香がサザエさん役を演じ、磯野家の10年後を描いた作品として話題を呼んだ。今回は一部のキャストを変更して、舞台版第2弾として上演する。

今回が初参加となる磯野カツオ役(東京公演)の和田琢磨、初演に引き続きフグ田タラオ役を演じる大平峻也のふたりに、舞台『サザエさん』の魅力や意気込み、互いの印象などを語ってもらった。

フォトギャラリー【和田琢磨&大平峻也】舞台『サザエさん』インタビュー写真を見る
  • 左から、大平峻也、和田琢磨
  • 左から、大平峻也、和田琢磨
  • 左から、大平峻也、和田琢磨
  • 左から、大平峻也、和田琢磨
  • 大平峻也

自分ひとりよりも、磯野家のメンバー全員で役を作っていくイメージ

和田琢磨 撮影/杉映貴子

ーー出演が決まったときの感想をお願いします!

和田 知らない人がいないぐらいの知名度がある『サザエさん』の作品に携わることができて、しかもカツオ君の役ということで、とても光栄でしたし、嬉しさも感じました。

と同時に、皆さんが想像しやすい作品ですので、どうしたらそのイメージを壊さずに、舞台ならではの楽しさをお見せできるのか。どうやったら受け入れてもらえるか。そういう方向に頭が行きましたね。プレッシャーがあります。

大平 僕は前回からの続投です。自分が出るということよりも、(カツオ役だった)荒牧(慶彦)さんがいないやん!(笑)

和田 俺だっていいじゃない(笑)。

大平 前回、藤原紀香さんや松平健さんなど、今まで関わらせていただいたことがなかった方々の中に、2.5次元俳優としてふたりが入ったので、一蓮托生だと思って、「一緒に挨拶回りとかしようね」という話をしていたんですよ。本当に兄弟のように過ごさせていただいたので......。裏切ったなと(笑)。

今度はカツオ兄ちゃんがたっくん(※和田の愛称)。僕が初めて舞台に立たせていただいた作品が、ミュージカル『テニスの王子様』だったんですけど、(和田は)その時の部長だったので、それこそお兄ちゃんみたいな存在。たっくんがカツオ兄ちゃんを演じるということは腑に落ちましたね。

和田 ......どっちがいいの?(笑)

大平 それはこれから次第ですよ(笑)!

大平峻也 撮影/杉映貴子

ーーカツオとタラちゃんという国民的キャラクターの10年後を描きますが、役をどう捉えていますか?

大平 前回、演出の田村(孝裕)さんが「タラちゃんが一番成長の幅が大きい」と仰ったんです。確かに3歳だった子が中学生になるって、成長の幅が大きいじゃないですか。

だから前回、脚本をいただくまでは「タラちゃんがぐれちゃってるんじゃないか」とか想像していたんですけど(笑)、脚本を読むと、すごく真面目でいい子に育っていました。

愛のある家庭ですから、愛を受け継いだまま育った子なんだなと思いましたね。多分今回もぐれることなく、しっかり真面目に育っていると思います。

和田 前回の作品を映像で拝見しまして、登場人物一人ひとりが一人で成り立っているというより、磯野家全体でその一人のキャラクターを作っている感じがすごく伝わってきました。

一番印象的だったのが、「タラちゃんには敵わないよ」というセリフ。峻也くん演じるタラちゃんが中心のような瞬間も見えるし、さっぱりサザエさんが中心のような瞬間も見えるし、カツオくんが中心のような瞬間も見える。

そうやって支え合っているのが磯野家だと思うので、自分でどう役をつくるかというよりかは、周りの方との一緒に作っていくようなイメージではありますね。それに自分もうまく混ざれたらいいなと思っています。

「ぴあWEB」更新情報が受け取れます