音楽劇『精霊の守り人』より、バルサ役の梅田彩佳 撮影/曳野若菜

TVドラマやアニメ、ラジオドラマなど、様々な形で親しまれてきたファンタジー小説の名手・上橋菜穂子による『精霊の守り人』が音楽劇として舞台化。

新ヨゴ皇国の第二皇子チャグム(黒川想矢/込江大牙のダブルキャスト)は、精霊の卵を宿したことから命を狙われることとなる。

護衛を依頼された女用心棒バルサ(明日海りお/梅田彩佳のダブルキャスト)は、幼なじみの呪術師タンダ(村井良大/山崎樹範のダブルキャスト)や大呪術師トロガイ(雛形あきこ)の助力を得て、チャグムを守るために戦うのだった。

フォトギャラリー音楽劇『精霊の守り人』公演写真をもっと見る
  • 音楽劇『精霊の守り人』より、星読博士シュガ役:水石亜飛夢(左)、トロガイを演じる雛形あきこ
  • 音楽劇『精霊の守り人』より、帝役:唐橋充
  • 音楽劇『精霊の守り人』より、バルサ役の明日海りお
  • 音楽劇『精霊の守り人』より、バルサ役の梅田彩佳
  • 音楽劇『精霊の守り人』より、二ノ妃を演じる雛形あきこ(右)

明日海だからこそ醸し出される風情

音楽劇『精霊の守り人』より、バルサ役の明日海りお(右)とチャグム役の黒川想矢 撮影/曳野若菜

ダブルキャストのうち明日海・村井・黒川のゲネプロでは、まず明日海の凛々しく、その一方でチャグムを受け入れ、守ろうとする懐の深さも兼ね備えた佇まいが印象に残る。

音楽劇『精霊の守り人』より、チャグム役:黒川想矢(左)、バルサ役:明日海りお 撮影/曳野若菜

さらにバルサのつらい生い立ちが明かされる場面などでは、暗い色気すら漂わせた憂いに息をのんだ。おそらくこれは、明日海だからこそ醸し出される風情だったのではないか。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます