フォトギャラリー【写真満載】星野リゾート「青森屋」フォトギャラリー
  • 【青森屋】りんごジュースが出る蛇口
  • 【青森屋】りんごジュースが出る蛇口
  • 【青森屋】ほたて釣り
  • 【青森屋】浴衣処いろは
  • 【青森屋】アメニティ

国の重要無形民俗文化財に指定されている東北三大祭りのひとつ「青森ねぶた祭り」の熱気がいつでも感じられる、テーマパークのような温泉宿「青森屋」。

星野リゾートが手掛ける独立したブランドで、「のれそれ青森~ひとものがたり~」をコンセプトに展開しています。「のれそれ」とは、青森の方言で「目いっぱい」の意味。青森旅行が初めての人、青森ならではの人のぬくもりを求めている人がたっぷりパワーチャージできる、そんな宿になっています。

今回は、初青森のライターが家族で1泊2日した際に感じた青森屋の魅力、そしてこの秋催されている注目のイベントなどについてご紹介します。

りんごにねぶた…星野リゾートが手掛ける温泉宿「青森屋」で充実の青森旅!

【青森屋】りんごジュースが出る蛇口

まずは、お祭り気分が楽しめる「じゃわめぐ広場」へ。

「じゃわめぐ」とは、青森の方言で「心が騒ぐ、にぎやかで楽しい様子のこと」を表します。地酒が楽しめる「ヨッテマレ酒場」や、青森の土産物が揃うショップ、浴衣が借りられる「浴衣処 いろは」やアメニティバー「もってってけろ」などが立ち並ぶ、まさに“にぎやかで楽しい”青森屋の中心部です。

こちらでぜひ体験したいのが、「りんごジュースが出る蛇口」(※)。その名の通り蛇口からりんごジュースが出てくるので、好きなときに好きなだけりんごジュースが楽しめます。

列ができている時間もあるほど大人気で、りんごジュースが大好きな我が家の子どもたちも、広場に寄るたびに蛇口から出るりんごジュースを楽しんでいました。

※時期や仕入れ状況によって、提供内容が変更になる場合があります。

また、じゃわめぐ広場で午前中の9:30~11:00のみ開催している「ほたて釣り」(1回500円)も見逃せません。

制限時間3分内に釣れたほたての数に応じて景品がもらえるアクティビティ。意外に難しく、3分があっという間! コツをつかむ前に終わってしまいました。とはいえ、3人でトライしてなんとか2枚釣れて、景品の桃ジュースをいただきました。

10枚とれたら、なんと青森から自宅へ活ほたて30枚を直送してくれるそう。達成できた人はいるのでしょうか…!?

ぜひ挑戦してみてくださいね。

青森屋の秋は「じゃわめぐりんご祭り」でりんごづくし!

筆者が訪れたのは8月中だったため、宿のあちこちに青森の夏の風物詩「金魚ねぷた」が飾られていましたが、9月からは秋が旬のりんごをテーマにしたイベント「じゃわめぐりんご祭り」(2023年11月29日まで)にあわせてりんご提灯が登場。広場内が赤くて可愛らしい提灯の温かな光に彩られます。

また広場には、りんごをジュースやジャムに加工した際に残る種や皮を再利用してできた「りんご輪紙」で作られた、りんごの形をした高さ2mの巨大な灯篭も出現。浴衣を着て一緒に写真を撮りたい、写真映えスポットになっています。

【青森屋】りんごガチャガチャ

この季節ならではの「りんごガチャガチャ」(1回300円)も登場しています。レバーを回すと、専用カプセルに入った本物のりんごまるごと1個が出てくる、毎年人気のガチャガチャ。時期によってりんごの品種が変わるので、どんな品種が出てくるかはお楽しみです。

りんごの生産量日本一の青森らしい、遊び心あふれるアクティビティですよね。

そして、敷地内の公園にある「八幡馬ラウンジ」が、秋の期間限定で「りんごラウンジ」に変身!

りんごの形のランプやクッションなどをしつらえた空間で、りんごを使ったお酒やりんごジュース、アップルパイのグラススイーツなどが提供され、たっぷりとりんごを楽しめます。

ドリンクとスイーツの提供を含めて1名2,200円、現地にて要当日予約です。

「ハピママ*」更新情報が受け取れます