亀梨和也が初のホラー作品に挑戦。しかも『リング』シリーズなどで知られるホラーの巨匠・中田秀夫監督とタッグを組んだということで、さらに注目を集める映画『事故物件 恐い間取り』が8月28日より全国公開となる。

芸人・松原タニシが、殺人・自殺・火災などによる死亡事故があったいわくつきの部屋である“事故物件”に住んだ実体験をもとに書いた著書を映画化。亀梨が演じる売れない芸人・山野ヤマメが、コンビ解散をきっかけに、番組プロデューサーから振られた企画は、事故物件に住むこと。

仕事欲しさに仕方なく企画を受けたヤマメだったが、1軒目から怪奇現象に遭い、それが放送されると番組は大盛り上がり。ヤマメはさらなる怪奇現象を求めて引っ越しを繰り返していくのだが……。

亀梨が“亀梨和也”であることを捨て、“売れない芸人”になることに全力で向き合った役作りについてや、俳優業に限らず、今、亀梨が“この仕事”に対して抱いている想いなどを語ってくれた。

役に入るためのものはたくさん用意した

©2020「事故物件 恐い間取り」製作委員会

――ホラー作品に初出演となりますが、オファーを受けたときはどう思いましたか?

最初はすごく悩みました。ホラー作品は楽しむ側ではあったんですけど、作り手側として参加してもいいものなのかな? どう向き合えるのかな?という想いは、正直、ありました。

でも、僕の中で、前回、映画『PとJK』でご一緒させていただいたスタッフさんとの関係性であったり、ホラー作品で中田監督とご一緒させていただけるという巡り合わせだったりを感じて、最後は腹をくくりました。

役作りはもちろんですけど、それ以外のところでも、できる限りしっかりと準備をして挑ませてもらおうと思って、受けることにしました。

――山野ヤマメを演じるために、どんな準備をしましたか?

関西弁をしゃべる芸人の役ということで、友達に“売れない芸人”がいて(笑)。“売れてない”じゃないですよ、“売れない”です。

本人にもそう言っていて「まだわからないだろう!」って言い返してきますけど(笑)。そういうやり取りができるくらいの友達に、芸人を疑似体験させてもらいました。

亀梨和也としてではなく、一番下っ端の若手芸人という体で、一晩過ごさせてもらったんです。

あっ、一晩って言っても、寝室をともにするとかじゃないですよ(笑)。若手芸人さんたちが集まるような店で、仲間の芸人さんたちと一緒にご飯を食べたり。下っ端なんで「飲み物大丈夫ですか?」って声をかけたり、注文を取ったりもしました(笑)。

劇場にも連れて行ってもらったんですけど、そのときは関係者とかではなく、普通のお客さんと一緒に観たので、彼がどうやってチケットを買うのか、というところから、僕が行っても周りの人の迷惑にならないようにタイミングを見てくれたりもして。いてくれて心強かったですね。

あとは彼が大阪出身なので、常に関西弁で会話をするようにして、発音を直してもらったりもしました。

それから、原作が松原タニシさんの体験談でもあるので、タニシさんが出演されていた番組を観たり、ご本人にインタビューをさせてもらったりもしました。

そこでタニシさんの仕草を盗んだりもできました。そうやってクランクイン前に、役に入るためのものはたくさん用意しました。

「ぴあWEB」更新情報が受け取れます