愛月ひかる

2007年の初舞台から14年、星組男役スター・愛月ひかるが9月18日(土)より幕を開ける『柳生忍法帖』『モアー・ダンディズム』で退団する。

前作『ロミオとジュリエット』ではモンタギュー家と敵対するキャピュレット家のティボルトと、“死”を象徴するダンサーの二役を役替わりで演じ好評を博した愛月。“充実期”の今、退団することへの思い、これまでのタカラヅカ人生、そして、ラストステージにかける意気込みを取材会で聞いた。

ラストステージは、ヒール役とロマンチックレビューで集大成

取材会が行われたのは、8月下旬の稽古期間中。真っ白なスーツをまとった愛月が颯爽と登場すると、その凛とした佇まいと存在感に空気がピンと張る。

タカラジェンヌとしての最後の公演に向けて稽古を重ねる中、現在の心境を尋ねると、「とても清々しい気持ちで毎日お稽古しています。本当に今回の二作品が最後の公演でよかったなという思いです」と穏やかに話す。

第一幕は、史実にフィクションを織り交ぜ壮大なスケールで描いた山田風太郎の傑作時代小説『柳生忍法帖』。宝塚歌劇で初の舞台化となる本作で愛月に配された役は、トップスター・礼真琴演じる天才剣士・柳生十兵衛の敵役・芦名銅伯だ。

「滅びてしまった芦名一族を復活させたいという思いに執着している人物で、この舞台では、“年齢が分からないくらい美しく妖艶で怖い”というイメージでビジュアルを作らせていただく予定です」。これまで数多くのヒール役を演じてきた愛月。「今、タカラヅカの中で私が一番ラスボスみたいな役を演じるのが得意なんじゃないかなと思っていて(笑)。今回の役も自分に合っているなと思います」。

第二幕は、宝塚歌劇の永遠のテーマ“男役の美学”を追求する“ダンディズム”シリーズで、1995年花組・真矢みき主演の『ダンディズム!』、2006年星組・湖月わたる主演の『ネオ・ダンディズム!』に続く第三弾となる。

「とてもクラシカルな雰囲気のロマンチックレビューで、私がこれまで男役として突き詰めてきたものすべてが詰まったショーになると思います」。中でも注目は“白い軍服”で踊る場面だ。

「私の憧れの役として、『うたかたの恋』のルドルフをやりたいとずっと『宝塚おとめ』に書いていたのを演出の岡田敬二先生が知ってくださっていて、“最後は愛月に軍服を着せたい”と仰っていただきました。念願の真っ白な軍服で出させていただくのですが、一歩二歩歩くだけでも華やかさが出る、男役の原点のような場面だと思います。指先まで神経が行き届いた男役像をしっかりとお見せしたいと思っています」。

「ぴあWEB」更新情報が受け取れます