左から 甲斐翔真、黒羽麻璃央 撮影:渡邊明音左から 甲斐翔真、黒羽麻璃央 撮影:渡邊明音

シェイクスピアの不朽の名作「ロミオとジュリエット」を、打ち込みなども多用した現代的なロックサウンドでミュージカル化、2001年にフランスで初演されたミュージカル『ロミオ&ジュリエット』。

20ヵ国以上で上演されている世界的ヒット作だが、日本では2010年に宝塚歌劇団によって初演。その後2011年には〈日本オリジナルバージョン〉が登場、ともに上演を重ねる人気作になっている。

〈日本オリジナルバージョン〉ではこれまでロミオ役を城田優、山崎育三郎、古川雄大、柿澤勇人、大野拓朗とミュージカル界のスターたちが演じてきた。

10周年となる今年、ロミオ役に抜擢されたのは黒羽麻璃央と甲斐翔真。

ミュージカル『テニスの王子様』2ndシーズンやミュージカル『刀剣乱舞』シリーズで人気を不動のものとし、2019年版『ロミオ&ジュリエット』マーキューシオ役でグランドミュージカルに初出演、昨年は『エリザベート』ルキーニ役で帝国劇場デビューを果たす予定だった(新型コロナウイルスの影響により全公演中止)黒羽、2020年『デスノート THE MUSICAL』主演で華々しくミュージカルデビューを飾り、その後『RENT』や『マリー・アントワネット』に出演した甲斐、ともにミュージカル界注目の若手スターだ。

ふたりのロミオに意気込みを聞いた。

フォトギャラリー【黒羽麻璃央×甲斐翔真】インタビューフォトをもっと見る
  • 左から 甲斐翔真、黒羽麻璃央 撮影:渡邊明音
  • 左から 甲斐翔真、黒羽麻璃央 撮影:渡邊明音
  • 左から 甲斐翔真、黒羽麻璃央 撮影:渡邊明音
  • 左から 甲斐翔真、黒羽麻璃央 撮影:渡邊明音
  • 甲斐翔真 撮影:渡邊明音

プレッシャーもあるけど楽しみなロミオ役

左から 甲斐翔真、黒羽麻璃央 撮影:渡邊明音左から 甲斐翔真、黒羽麻璃央 撮影:渡邊明音

――まずは『ロミオ&ジュリエット』、この大人気ミュージカルの主役であるロミオに決まった時のお気持ちを聞かせてください。

黒羽 素直に嬉しかったです。自分は前回(2019年)マーキューシオとして出演した時に、ロミオ役のおふたり(古川雄大、大野拓朗)に俳優として嫉妬をしていました。

その役を今度は自分がやらせていただくということは非常に嬉しいですし、純粋に楽しみだなと思いました。

甲斐 僕は、この大役に挑戦できることが本当に嬉しく、こんなチャンスは二度とないだろうなと思いました。そして、歴代のロミオ役の先輩方は、ほかの作品でも主役や大役を務められている方々です。

僕もそういう風になれたらいいな、先輩たちのようになっていけたらいいな、という夢を抱きました。……その前にまずは、ロミオを充実した役にしなければいけません。

――甲斐さんは今回、作品にも初参加です。この作品、ご存じでしたか。

甲斐 もちろんです。シェイクスピアの「ロミオとジュリエット」を知らない人なんていないのではないでしょうか。その名作の中のロミオ役を演じる、というのはすごくプレッシャーでもあります。

左から 甲斐翔真、黒羽麻璃央 撮影:渡邊明音左から 甲斐翔真、黒羽麻璃央 撮影:渡邊明音
「ぴあWEB」更新情報が受け取れます