【OMO5熊本】エントランス

星野リゾートが手掛ける、新感覚の“街ナカ”ホテルブランド「OMO(おも)」は、リゾート地ではなく都市部に立地する、街歩きを楽しむホテル。

2023年4月に熊本の中心地に開業した「OMO5熊本 by 星野リゾート」は、熊本で最も栄えている商店街の真横にあり、熊本城にも徒歩約4分と、熊本観光の利便性も高いホテルです。

「OMO5熊本」のコンセプトは「わさラッシュ!城下マチ」。

新しいもの好きの”わさもん”と言われる県民性を持つ熊本の、次々と新しいスポットが誕生する活気あふれる街を満喫できる滞在を提案しています。

1泊2日の弾丸旅でも充実した熊本滞在が叶う「OMO5熊本」の魅力をお届けします!

フォトギャラリー【全ての写真】充実しすぎ!「OMO5熊本 by 星野リゾート」画像ギャラリーはこちら
  • 【OMO5熊本】Go-Kinjoマップ
  • 【OMO5熊本】凸凹(でこぼこ)テラス
  • 【OMO5熊本】凸凹テラス
  • 【OMO5熊本】凸凹テラス
  • 【OMO5熊本】OMOカフェ

1泊2日で街歩きも観光もたっぷり楽しめる!「OMO5熊本」宿泊レポート

【OMO5熊本】凸凹(でこぼこ)テラス

ホテルが位置するのは、新しく楽しいものにアンテナを張る人たちが集い、こだわりを持つ飲食店や雑貨屋などが並ぶ「下通・上通商店街」にほど近い熊本の一等地。

そんなにぎわう街の滞在の拠点となるのが、ホテル内にあるカフェとフリースペースを備えた「OMOベース」です。

熊本城を望める外の「凸凹テラス」は、茶臼山の地形に沿って建てられた城の郭(囲い)をイメージしたもの。

震災で破損した熊本城の瓦を使ったライトや、熊本城のお堀からつながるようなイメージで豊かに植えられた緑で、熊本を象徴するお城を身近に感じられる、居心地のよい空間になっています。

【OMO5熊本】アメニティ

OMOベースの中央には、ホテルから徒歩圏内の街の地図「ご近所マップ」が。カフェやレストランなど、40か所を超えるスポットを紹介しています。

ホテルスタッフが足を使って収集した、ガイドブックには載っていないようなディープな情報が詰まっているので、街歩きの前には必見ですよ。

また、アメニティはフロント横に置いてあるので使うものを自由に持って行くことができます。部屋着は有料にてレンタルがあるので、必要であればこちらで借りていきましょう。

「OMOカフェ」で熊本食材を使った「まぜまジェラート」を堪能♪

【OMO5熊本】OMOカフェ

同じくOMOベース内にある「OMOカフェ」では、朝食(7:00~9:30)とカフェメニュー(11:00~22:30)を提供していて、シーンにあわせて1日中楽しめます。

熊本で親しまれている柑橘のドリンクや、熊本で有名な「あか牛」を使った料理など、熊本らしいメニューが揃っています。

中でもOMOスタッフのおすすめは、カフェメニューの「まぜまジェラート」。

【OMO5熊本】「まぜまジェラート」650円(税込)

アイスクリームと熊本で親しまれている銘菓や甘味などを混ぜて作るジェラート。3種類のフレーバーと9種類のトッピングが用意されており、自分好みの組み合わせを楽しめるのがうれしいポイントです。

スタッフ一押しが、バニラのジェラートに熊本で多く生産されるさつまいも×地元の豆菓子「肥後太鼓」のトッピング。

優しい甘みのさつまいもとバニラジェラートに、歯ごたえのいい肥後太鼓の食感とほどよい塩味がアクセントになっていて、やみつきの味わいでした。

「ハピママ*」更新情報が受け取れます