“Help! The 映画配給会社プロジェクト”のロゴ&イラスト。映画の宣伝美術を多く手がけるグラフィックデザイナーの大寿美トモエ(ロゴ)、Ayumi!(イラスト)の両氏が担当した

“Help! The 映画配給会社プロジェクト”スタートのきっかけ

セテラ・インターナショナル代表取締役社長、山中陽子氏

皆さんは映画配給会社の存在をご存知だろうか?

配給会社は、洋画の場合でいうと、まず映画を発見することから始まり、その作品を買いつけると、日本全国の映画館に上映を依頼。さらに宣伝して映画を公開すると、その後はソフト化やVODやテレビ放送までトータルで手がける。いわば映画業界の黒子的存在だ。

小規模映画館<ミニシアター>を守るための“ミニシアター・エイド基金”や、“Save The Cinema”など、支援を求めるアクションが起きたことからも分かるように現在、映画業界は苦境が続く。それは独立系配給会社も同じこと。

その中で、このコロナ禍を乗り越えるべく、独立系配給会社が新たな独自の試みとして“Help! The 映画配給会社プロジェクト”をスタートさせた。

発起人を代表して映画配給会社セテラ・インターナショナルの代表取締役社長、山中陽子氏に話を聞いた。

考える間もなく、いきなり苦境に立たされた


まずはじめに、山中氏は映画配給の仕事を手がけて32年。

このような事態に見舞われるのは当然ながら初めてだった。

「映画館が閉まってしまい、映画を上映することができない。

長くこの仕事をやっていますが、こんな状況に直面したのは初めてです。

私どもの会社の話ですと、3月27日(金)から配給作品『最高の花婿 アンコール』の公開が始まりました。

ところが続く土日は映画館が閉まってしまい、その後は平日のみ10日間営業はしましたが、外出自粛要請下でしたのでお客さんはほとんどいらっしゃらない状況で……。

考える間もなく、いきなり苦境に立たされた感じでした。

苦悩の中の劇場公開となった『最高の花婿 アンコール』 ©2018 LES FILMS DU PREMIER - LES FILMS DU 24 - TF1 FILMS PRODUCTION

ただ、厳しい現状はその少し前からすでに始まっていました。

映画館もいつ営業停止になるか分からない。

でも、正式に劇場が閉まることが決まらなければ、こちらとしては公開に向けて宣伝を進めていくしかない。

とはいえ、新型コロナウィルスの感染が拡大する中で、映画を観に来てくださいと積極的に謳うことはできない。

不要不急の外出は避けましょうとされている中で、“多くの人に集まってください”と言っているようなものですから。

ひとりでも多くの方に届いてほしいのに周知できない。好きな映画を勧められない。こんな心苦しい気持ちになったのも初めてですね」

独立系の配給会社が集まって立ちあげたプロジェクト

劇場での公開がストップすること。

これは独立系映画配給会社にとって死活問題であることを明かす。

「大手配給会社と比べると、独立系配給会社は収益の多くを映画館収入から得ています。

その映画館は、全国のミニシアターです。

私どもが手がける世界各地の作品だったりアート系の作品というのは、最近ではテレビの地上波で放送していただくことはほとんど期待できません。

CS放送や配信サービスでかろうじて取り上げていただけるぐらいです。

DVDなどのソフトに関しても、今はなかなか売れない厳しい時代。

ですから、本当に劇場収入のウェイトが大きいんです。

配給会社は映画の権利を買い、それを宣伝し、公開して皆さまに作品をお届けします。

1本の映画を届けるまでに大体半年ぐらいかかります。

この間、支出はあっても収入はありません。劇場公開が始まってようやく収入を得る。

先頃まで映画館は閉まっていましたが、いったい映画館収入がどうなっているのか、もう怖くて考えられません(苦笑)」

現在、少しずつ映画館の再開が始まった。

だが、席数の制限、コロナが完全に終息していない現状では映画館から遠ざかる人も少なくない。

これは映画館に限らず、一度遠のいてしまった客足はそう簡単には元どおりに戻らない。

となると、以前のような集客はなかなか望めないのが現実。

やがてやって来るのではといわれる“第二波”“第三波”も想定すると、長期戦を覚悟しなくてはいけない。

そこで独立系配給会社が集まり立ち上げたのが、“Help! The 映画配給会社プロジェクト”だ。

映画館が閉まっている今、私たちの“映画”を観てもらうには配信しかない

「劇場が閉鎖された直後から、私たち独立系配給会社も、この難局を乗り越えるために何をすべきかを模索し始めました。

初めは8社で情報交換を含めてZOOM会議を行いました。

そこで“ミニシアター・エイド”などのように寄付を募ろうかという話も出たのですが、私たち配給会社というのはあくまで裏方で、お客さまからは見えづらい存在なので、なかなか理解していただくのは難しいだろうと。

もちろん国や自治体の補償を訴えることも大切です。でも、それを待っていては倒産する配給会社も出てくる。

それから、大変なのは映画業界だけではない。飲食業界をはじめ、大変な窮地にいるところは他にもいっぱいある。ですから、私たちは自身の足で立って、歩かなければならない。

そこで、一方的に助けていただくというわけではなくて、なにか自分たちでひとつ試みをして、それに賛同いただき助けていただけないかと考えました。

私たちにある財産は“映画”。映画の権利を持っていますから、それを生かせないかと。

そして、私たちがなによりも望むのは皆さまに映画を観ていただくこと。

“私たちが大切にしてきた映画を、この映画館が閉まっている間に、忘れられないように観てもらうことはできないか”という考えに至ったんです。

それで、ちょうど、劇場運営も配給もされているアップリンクさんが、アップリンク・クラウドで、自社の配給作品を3カ月見放題という配信パックやっている。

これを私たちも、配給会社ごとにやってみてはどうだろうと。

なにもしないでいてはなにも始まらない。今、配信という方法でしか映画を観てもらえない状況になっている。

そのことに気づいて、やってみることで話がまとまりました」

「ぴあWEB」更新情報が受け取れます