フレッシュなふたりならではの作品にしたい

山崎大輝(左)  松岡広大(右)山崎大輝(左) 松岡広大(右)

──歌の手応えなどはいかがでしょうか。

松岡 またおこがましい話になるんですけど、オーディションで歌った楽曲に関しては自分の声に合っているというか、セリフを喋るように歌えた感覚があって。今まで積んできた、声と体のトレーニングが少し形になってきているのかなと思います。

自分で思っているだけなので、お客さんからしたらまだ全然だと思いますけど(笑)。山崎さんはいいですよね! 歌えるから。

山崎 いやいや、そんなことないです本当に! というのも、昨年4月に『チェーザレ 破壊の創造者』で初めてミュージカルに出ることになって、ポップスとはやっぱり全然違うから、稽古が始まる前からボイストレーニングをしてたんですよ。でも稽古が始まったら、そこにもやっぱりアッキー(中川晃教)さんみたいな“化け物先輩”がいっぱいいて……

松岡 アッキーさんいたら「終わった…」ってなりますよね(笑)。

山崎 そう(笑)、それで本当に、もっともっと準備して稽古を迎えないといけないんだなってこう、改めて叩き込まれた感じがあって。

『チェーザレ 破壊の創造者』は中止になってしまって、今回がミュージカル・デビューになるので、今はただただ未知数というか……“ヤバそう”という言葉しか出てこない(笑)。でもなんとか、胸を張って舞台に出られるようにしたいですね。

──最後に、改めて意気込みをお願いします。

山崎 この作品が本当にすごいなと思うのは、出演者がふたりしかいなくて、そのふたりが違うだけなのに、すごく色んな色を見せてくれるところ。僕らにはフレッシュな僕らなりの色が出てくると信じて、作品ファンの皆さんに満足していただけるよう、精いっぱいやりたいと思っています。

松岡 「観るものを虜にするミュージカル」と、チラシなどにも書いてありますが、本当にその通りだと思います。まずは、その言葉に相応しい作品にできるように。

日本語に翻訳されたことでニュアンスが変わっている部分もあると思うので、英語のスクリプトにもあたって、この作品が伝えたいことを丁寧に突き詰めたいと思っています。そして、なぜ2021年の4月に上演するのかといったことも含めて、ひとりの人間として真摯に考えて臨みたいです。

『スリル・ミー』『スリル・ミー』

 

ミュージカル『スリル・ミー』
原作・脚本・音楽:Stephen Dolginoff
翻訳・訳詞:松田直行
演出:栗山民也
出演:田代万里生(私役)×新納慎也(彼役) / 成河(私役)×福士誠治(彼役) /松岡広大(私役)×山崎大輝(彼役)
ピアニスト:朴勝哲 落合崇史 篠塚祐伴

東京公演
2021年4月2日(木)~2021年5月2日(日)
会場:東京芸術劇場シアターウエスト

大阪公演
2021年5月19日(水)~2021年5月23日(日)
会場:サンケイホールブリーゼ

ほか、各地公演あり

「ぴあ」アプリでは松岡さん、山崎さんのサイン入りチェキを2名様にプレゼント!

「ぴあWEB」更新情報が受け取れます