神谷浩史、宮野真守 撮影/友野雄

国内外問わず高い人気を誇る日本を代表するTVアニメシリーズ『ドラゴンボール』。その最新作『ドラゴンボール超』から、原作者・鳥山明が脚本・キャラクターデザインを務めた新たなる映画『ドラゴンボール超 スーパーヒーロー』が2022年6月11日(土)より公開中だ。

TVアニメ『ドラゴンボール』で孫悟空たちが倒したはずの「レッドリボン軍」が今作で復活。さらに彼らが生み出した“スーパーヒーロー”を名乗る人造人間たちが新たに登場し、孫悟飯とピッコロを中心にお馴染みのキャラクターたちが立ち向かうストーリーだ。

今作の新キャラクターである人造人間を確かな実力と人気を兼ね備えた声優の神谷浩史(ガンマ1号)と宮野真守(ガンマ2号)が演じる。『ドラゴンボール』に並々ならぬ影響を受けている二人に、シリーズの魅力や自身の演じるキャラクターについてインタビュー。さらに、数々の作品で共演している神谷と宮野から、お互いに抱いている印象を語ってもらった。二人の仲睦まじい様子を堪能してほしい。

フォトギャラリー【神谷浩史&宮野真守】映画『ドラゴンボール超 スーパーヒーロー』インタビュー写真(全10枚)
  • 神谷浩史、宮野真守
  • 宮野真守
  • 神谷浩史
  • 宮野真守
  • 神谷浩史

『ドラゴンボール』は“教科書”のような特別な作品

神谷浩史、宮野真守 撮影/友野雄

ーー本作のキャストコメントを拝見したところ、お二人にとって『ドラゴンボール』はすごく特別な作品だとお見受けしました。ご自身にとって『ドラゴンボール』がどのような作品か、思い出と共にぜひお伺いしたいです。

神谷浩史(以下、神谷) どう答えていいか分からないです!(笑) 『ドラゴンボール』って教科書に載っているやつでしょ?載っていないんだっけ!?と思うくらい影響を受けている作品ですから。

宮野真守(以下、宮野) ははははっ。歴史上の人物に対して「どこが魅力ですか?」と聞かれているようなものですからね。もちろん語ろうと思えば語れますよ! でももうみんな知っているでしょ?みたいなところが『ドラゴンボール』にはあるんですよ。

僕なんかは物心ついた頃から悟空が近くにいて、悟空と一緒に修業していたこともありますし。重いリストバンドをつけて、シュシュシュシュッとかやっていました(笑)。

神谷 亀仙流のやつね(笑)。

宮野 そう(笑)。絶対に“気(体内エネルギー)”は使えると思っていましたし。

神谷 同じように“舞空術(空中を飛行する技)”できないかな……と思っていたなぁ(しみじみ)。

宮野 あははは。あと、悟空は行ったところなら瞬間移動でどこでも行けるじゃないですか。それで「瞬間移動はイメージする力が大事」と言っていたから、行ったところを事細かに思い浮かべる練習をずっとしていましたよ。中学生時代の登校中に(笑)。

神谷 中学生の時に?(笑)

宮野 マジでやっていました(笑)。

神谷 それくらい影響力があったということですね(笑)。

僕が小学生の時にマンガの連載が始まって、アニメ化して。中学生くらいの時には『ドラゴンボールZ』シリーズがアニメで放送していたのですが、受験勉強のために塾へ通っていたのでAパートまでしか見られなかったんですよ。だけど、Aパートを見ただけでも塾へ向かう自転車のペダルを漕ぐ足にはやっぱり力が入りましたよね。

宮野 あははは!

神谷 自分がものすごく強くなるような“気”を感じて、全速力で自転車を漕いで塾へ向かっていました。そんな作品に対して「どのような作品ですか?」と聞かれても、どう回答すればいいのか分からないんですよ(笑)。それほど影響を受けていました。

宮野 本当にそうですよね(笑)。だからこそ、今回参加できることをただただ嬉しく思っております。

「ぴあWEB」更新情報が受け取れます